言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アナタは、「好き」と言える勇気あります?

d0018299_17405228.jpg

~有名なミュージシャンを「好き」と言うのは、
 無名なインディーズバンドを「好き」
 と言うより勇気がいることなんだと思った。~
        「やまだ眼」(山田一成・佐藤雅彦著:毎日新聞社刊)





こういう気持ちってありません?
無名のアーティストをあげると感度が
よさそうに思われる面と、本当の個性は他人との
比較じゃないのだけど、ついついって^^ やれやれです^^


~海やプールで遊ぶって、
 どうやって遊んだらいいか
 わからない時がある~

「遊ぶ」という言葉が一人歩きしちゃって、
いざ、海やプールを目の前にして、
「さぁ、何をしよう?」と呆然とした経験ありません? やれやれです^^


~”噴きかけるだけで汚れ一発解消”という
 洗剤を使ってみて、いまいちキレイにならなくても
 「うそじゃねぇか!」より「やっぱりな」と思ってしまう。~

「看板に偽りあり!」で、ふつう怒りますよね。
でも、過去に一度も、私も怒りたい気持ちになったことがないんですよ。
つまり、自分の心の奥底に「そんな洗剤は存在しない」という
気持ちがあって、それを「再確認できた」からなのでしょうか(笑) やれやれです^^


そんなこんなの山田さん(お笑い芸人)のセリフに
佐藤雅彦さんがさまざまな解説をつけた本が「やまだ眼」です。
世の中に生まれている「どうしようもない現実」や「真実」が
凝縮されていますよ^^ ただ笑える本ではなく、ムムム・・と考えてしまう本です。

まぁ、今日も勘弁したろ、と思ったらクリックを^^
人気blogランキング 
ランキング6位。ありがとうです。

by papas8559 | 2007-03-11 23:59