言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0018299_17445970.jpg


色をいただく・・・

これは、草木染めの染織家
志村ふくみさんの言葉だ。

同じ梅の花でも 染めたときに、
どんな色が出てくるかわからない。
だから、自然の色を「いただく」という。

そういえば、私たちがふだんつかう
「いただく」は、食べ物を食べるときだ。
こちらも、自然の命を、まさに「いただく」わけだ。

ちなみに「いただく」の語源は、
太古の昔、大切なものを頭上に「頂(いただ)」くことから端を発した言葉・・・・。

つまり、脳(頭)を超えることが起こったとき、
ヒトははじめて「いただく」という言葉を使うのだ。きっと^^


というわけで、本日は、ランキングのクリックを「いただき」たく存じます←アホや^^
人気blogランキング 
ランキング18位。ありがとうです。

by papas8559 | 2010-03-23 23:59

男と女の官能的な瞬間

d0018299_20455043.jpg

官能性は、ふとした瞬間に立ちのぼる・・・・。

たとえば、女は、
きれいに結ばれたネクタイを
無造作に男が緩める瞬間の動作で感じたり・・・

たとえば、男は、
ミニスカートではなく、着物姿の女の
ふくらはぎが垣間見えた瞬間に感じたり・・・

ふとした瞬間に官能性を感じる。

「恋愛脳」の作家?黒川伊保子さんによれば、
官能は「常態の破綻」だという。

そして、それは男女だけではなく、掃き清められた庭石に、
はらりと落ちた花びらでも感じるとも・・・。

官能的な季節、ですね^^

↓記事気に入ってもらえたら、クリックお願いします.
人気blogランキング 



by papas8559 | 2010-03-15 23:59