言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0018299_1947070.jpg

その昔、川久保玲さんのファッションは、
ある人たちからは 評判が悪かったらしい。

身体に不格好なコブがついたようなファッションだからだ・・・。

でも、その不格好なコブは、
見る人が動かないで見ているので醜くみえる。

動いている人が、その服を着ている人をみると、
そのコブは、美しい動線に変化する・・・。

これって、なにかに似てますよね。

自分の居場所(常識)を変化させずに、
物を見ていると、
せっかくの美しい動線も 
ただのコブにしか見えないんですよね。


↓なんか、そうだなぁ、って思ったらクリック、よろしくです^^ 
人気blogランキング 
13位。ありがとうです^^

追伸:写真はジッとしていないということでエスカレーターです。わかりにくいなぁ。笑

by papas8559 | 2008-06-29 23:59
d0018299_1955832.jpg


同じ曲でも、あらかじめ用意された曲より、
偶然、流れる曲を耳にしたときの方が
心がゆさぶられないだろうか?

これって、実は、心の油断なのだと思う。
心に準備がなく、無防備だから、
入り込むスペースが広がっていく・・・。

そして、油断の度合いが高ければ高いほど、
思い出が入り込む隙間が広がり、
過去のシーンが走馬燈のように頭をよぎる・・・。

逆に言えば、緊張した場面や、
リラックスしていない状態では、
いくら思い出の曲が流れても、心はゆさぶられない・・・。

そう考えると、
ある音楽が流れてきて、思い出に浸れるのは、
その「とき」が心に油断がある「いい状態」なんですよね。
過去の恋がどんなものであれ^^

まぁ、今回も勘弁したろ、と思ったらクリックよろしくです!
人気blogランキング 
ランキング16位。ありがとうです。

追伸:過去ログです^^

by papas8559 | 2008-06-21 23:59
d0018299_2224475.jpg
~女の嫉妬は、振り向いてもらえない嫉妬であり、
 男の嫉妬は、願望への嫉妬なのだ。

 つまり、振り向いてもらえない女は
 それでもしっかり足元で立っているが、
 願望を追う男の嫉妬には実は足元がないのだ・・・・。
             ~ノートに残ってた言葉から~

なるほどなぁ、と思ったらクリックよろしくです。
人気blogランキング 
20位。ありがとうです^^

よかったら、同じく2年前の記事ですけど、下のタイトルの記事もどうぞ^^


本を読むわたし
by papas8559 | 2008-06-15 23:59
d0018299_1444712.jpg

男はロマンに弱いという。

実際、男はロマンという幻想で成り立っているのかもしれない・・・・。
だから、必死で現実にしがみつく・・・。

いっぽう、女は見るものすべてが現実で成り立っているのかもしれない・・・・。
だから、現実から離れたロマンを求める・・・。

男と女では、ロマンに対する方程式が違うのだ。きっと。

だから、ときに大きな誤解が生じる・・・。


↓記事気に入ってもらえたら、クリックお願いします.
人気blogランキング 
18位ありがとうです^^

追伸:またまた、過去ログです^^

by papas8559 | 2008-06-10 23:59 | ■セックス 男と女の違い