言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


乗り物で、進行方向へ向かって座るのと、
進行方向へ背を向けて座るのとでは、
かなり気分が違わないだろうか?


続く・・・
by papas8559 | 2007-01-31 23:59
d0018299_14205354.jpg


雪をみる。
ただ、ただ、漠然と雪をみる。
こういうときの思考は散漫(さんまん)だ。

しかし、目の前に、傘を差す少女が通りすぎたとき、
思考が、自立して動き出すことはある。

その少女の傘の色から、
恋人が差す傘の記憶へ・・・。

そして、記憶から記憶への旅が始まる。
終着点は、わからない。

ただ、不思議と夏の思い出へはたどりつかない。

それは、記憶が、限りなく気候に左右されるからだ。
身体がリアリティがない、と判断した記憶は、
ある一定の期間、凍結される。

だから、温かい記憶が蘇る、
春を待ちわびるのだ。きっと^^

まぁ、そうやなぁ、と思ったらクリックよろしくです^^
人気blogランキング 
ランキング6位。ありがとうです。


実は・・・
by papas8559 | 2007-01-25 23:59 | ■季節と言葉・・
by papas8559 | 2007-01-23 23:59
d0018299_21145049.jpg
~「別れたい」と男が声に出して言ったら、
 それは限りなく結論に近い言葉だ・・・

 いっぽう、女が「別れたい」と言うのは、
 揺れの中の言葉のひとつなのだ。

 なにせ、女が本気で「別れたい」と思ったら、
 言葉は何も発しないのだから・・・^^~
                      by papas。


クルマのハンドルの遊びじゃないですけど、
男と女で「言葉」の遊び具合って若干違いますよね。
男は「自分がもろい」ので、本当の言葉らしきものが
浮かんでから言葉を放つが、
女は揺れの中で、言葉を捉(とら)えて放つ・・・・

だから、「自分が使う言葉の意味合いは、相手も同じだ」っていう
歪(ゆが)みこそ、取扱注意なのですよね^^

まぁ、そういうこともあるかなぁ、と思った方、ぜひクリックを^^
人気blogランキング 
ランキング6位。ありがとうです。

by papas8559 | 2007-01-19 23:59

はじめて会ったときの言葉、
友達になったときの言葉、
恋人になったときの言葉・・・・

言葉は意識的にも無意識的にも変わっていく・・・

それはきっと、言葉が相手との距離でも生まれるものだからだ。

ときには傷つく言葉もある、
でも、それ以上にワクワクする言葉もある。

だから、たまには、記憶の中の不要な言葉に
ペタッと賞味期限でも貼りますか?
新しい年に合わせて^^


実はこれ。
by papas8559 | 2007-01-15 23:59

雑誌の特集や企画の冒頭にリードという文章がある・・・


続く・・・
by papas8559 | 2007-01-13 23:59
by papas8559 | 2007-01-11 23:59

本を読んでいて涙を流した本はなぜか、2度読まない・・・

どうだろう? 私はそうなのだ。


続く・・・
by papas8559 | 2007-01-10 23:59

心を奪うデザイン


ふだん、何気なく目にしているカタチが
太古の昔から続いている比率だとしたら、
ビックリしないだろうか?

たとえば、よく目にするクレジットカードや、
名刺、そしてトランプのタテとヨコの比率はみな同じなのだ。


続く・・・・
by papas8559 | 2007-01-06 23:59

朝、なるほどと関心した言葉がある・・・

~ていねいに問いを立て、自分に問いかけ、
 自分の内面を引き出し、考えた果ての声は、
 人の胸に染みとおるような「響き」を持っています。~
          山田ズーニーさん「おとなの小論文教室」から

朝の陽光を浴びながら、フムフムと うなった。
きっと、ていねいに自分へ問いを立てる人は、
他人にも ていねいに問いかけられるのだろうなぁ、とも・・・。

その12時間後の夜・・・・
シゴト帰りの電車の中で、
もんどり打つように うなった言葉があった・・・。

~泥酔が鍛えるのは、我身の謙虚さである。問題はそのトレーニング開始が泥酔の最中ではなく、その翌朝になるということである。酔いの覚めたベッドの中は、世の中で最も慎ましい人間の棲家である。ううう、昨夜は、あんなにも幸せで傲慢なならず者であった筈なのに・・・・。あれは、おおいなる勘違い、真実の私は、こんなにも駄目人間。そう感じて、もう死んでしまいたいと思う。けれども、ひとりで死ぬのもつまらないので、道連れに値する昨夜の仲間たちの行状を記憶から引き出そうとする。あいつも、あいつも・・・・・~  山田詠美さん「熱血ポンちゃん膝栗毛」から


「世の中で最も慎ましい人間の棲家・・・」
なんと的確な表現なのだ。
肩身の狭さが悲しいくらい伝わってきます。はい。

でも、朝と夜で心に突き刺さる言葉が違いますよね。
自己弁護です。はい^^

私も慎ましい棲家のベットを経験した方は、黙ってクリックを^^
人気blogランキング 
6位。ありがとうです^^


追伸:出汁にするつもりはなかったのですが、すいません、山田ズーニさんの言葉よ。

by papas8559 | 2007-01-04 23:59