言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2004年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


よく夢をみるときってどんなとき?

作家・安部公房は、
著書「笑う月」の中で、こういう。

~仕事にはずみが出て精神が活性化している時ほど、よく夢を見る。
 回数が増えるだけでなく、内容が複雑になり、細部が具体的になる。
 同時に、夢が豊富になっている時は、
 それだけ発想も飛翔力を得ているようだ~

実は、私もそうなのだ。
心が動いているときって、夢を見るんですよね。なぜか。

ただ、最近、あまり夢を見ないってことは、
精神が活性化してないってこと?
それとも冬だから? 

はよ来い春よ! そして夢よ!(笑)

夢見るときって精神が活性化している、と思う方はぜひクリックを^^
人気blogランキング 
ランキング12位。ありがとうです。

by papas8559 | 2004-05-30 23:59
by papas8559 | 2004-05-30 23:22
d0018299_17493821.jpg


右手と言葉を司る左の脳はつながっている。

だから、言葉が足りないと、
とっさに、身振り手振りを使い 言葉を補おうとする・・・

しかし、右手は、そればかりでなく、表現者としての役割もこなす。

ギターで音の強弱を奏でるのは右手のパートだ。

高音域の鍵盤が右手に配置されたピアノでも
メロディを引き受けるのは右手の役割だ。

だから、
その右手がアナタに差し出されたとき、
その右手をアナタが差し出すとき、
そこには、言葉を超えた「何か」が きっとあるのですよね^^


ちょっと kusaiにおいがしたと思ったら ぜひ!クリックを(笑)
人気blogランキング 
ランキング8位。ありがとうです。

by papas8559 | 2004-05-28 23:59

もう、スポーツ紙はオシム監督に釘付けですね^^
というわけで、オシム語録から。

~ミスをして叱っても使い続けるということだ。
 選手というのは試合に出し続けていかないと成長しない。
 どんな悪いプレーをした時でも、叱った上でそれでも使う。
 ミスをした選手を、それだけで使わなくなったら、どうなる?
 その選手はもうミスを恐れてリスクを冒さなくなってしまうだろう。
 いつまでも殻を破ることができない。~
                 ~オシムの言葉(木村元彦著:集英社刊)


マネジメント・・・
by papas8559 | 2004-05-14 19:33

戸棚のために書いた詩


戸棚のために書いた詩


こんな詩があったんですね
by papas8559 | 2004-05-11 01:42

コトバは薬よりも強し!


~ 心臓をどきどきさせることも、徹底的にやる気をなくさせることも、
  涙を止まらなくさせることも、笑いを呼びこむことも、
  クスリではむずかしいことでも、コトバならできる。~
                 糸井重里「ダーリンコラム」

by papas8559 | 2004-05-10 21:49

愛に困ったら・・・


「独占欲から出た愛はエゴイズムです。
これは愛とはいえません。
愛するものを手放しなさい。
もし、その人が戻ってこなければ、
初めからあなたのものではなかったのです。
しかし、戻ってくれば初めからあなたのものだったのです。」
     ~バレンタイン・デ・スーザ「そよ風のように生きる」~

最初のセンテンスはよく耳にする言葉ですけど、
最後のセンテンスは、ちょっとラクになる言葉ですね。


↓記事気に入ってもらえたら、クリックお願いします.
人気blogランキング

by papas8559 | 2004-05-09 21:27 | ■落ちこんだ時に!
d0018299_1817391.jpg

爆笑問題の太田光さんが
SF作家カート・ヴォネガットの本を読んで感じたことを語っている文だ。

~「人間は憎むべき存在ではない」ということ。
 そして、
 「人間は人間の敵ではない」ということ。
 そして、
 「人間は未熟で愚かで弱くて滑稽だが、生きていて良いんだ」ということ。
 そして、最も重要だと私が思うのは、
 「人間は神になんかならなくて良いんだ」という、強烈なメッセージだ。~
                      yomyom(新潮社)より


これは、カート・ヴォネガットが小説の中で伝えようとしたことを
太田さん自身が 奥行きまで読みとった言葉なのだと思う・・・・。

しかし、やっぱり最後のセンテンスの
「人間は神になんかならなくて良いんだ」という言葉は、
いろいろな意味で、強烈なメッセージですよね。

私自身は、そこから始まる「何か」がある! と秘かに思ってます^^

「秘か」に思っている方、ぜひクリックを^^
人気blogランキング 
8位。ありがとうです

追伸:ここ2、3年、私なりに日本の神、そしてキリスト、ユダヤ、イスラム教といった一神教である神について、本を読んだり、考えたりしてきたので、いつかこのブログで「神」について書きたいなぁ、と思っています。まぁ、書けるだけの頭がないのはさておいて(笑)  
しかし、いつもながらpapasはんのテーマは散漫やわ(他人事や・・・)^^

by papas8559 | 2004-05-08 23:59
d0018299_19491079.jpg

恋をすると「詩人になる」という。

きっと、それは言葉選びに
真剣になるからなのだろう・・・。

今、感じているこの気持ちは、
それまで口にしていた言葉と、
本当にマッチしているのかどうかと・・・・。

そして、平面的だった言葉は、突然、立体的になる。

だから、人は恋をすると言葉に対して厳しくなるのか^^

↓記事気に入ってもらえたら、クリックお願いします.
人気blogランキング 
15位。ありがとうです^^

by papas8559 | 2004-05-03 19:51