言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

人を好きになると切なくなるのは、なぜ?

d0018299_2043732.jpg
日本人は「花鳥風月」や「雪月花」という言葉が好きだ。

花、鳥、風、月、雪・・・・・・。

一見、バラバラな単語の寄せ集めのようだが、
これらの言葉の中には、ひとつだけ共通するものがある。

その共通点とは「失う」ということだ。

花は、枯れ、
鳥は、飛び去り、
風は、吹き去る。

そして月は、満ち欠け、
雪は、やがて溶け去る・・・・。


一時の儚(はかな)さを伴うから、
これらの言葉(現象)に、より惹かれるのだろう。

で、これは恋なんかにも当てはまるのだろうなぁ。

なにせ、人を好きになると、強烈に切なくなりますよね。
それは、いつか、どこかで、きっと失うことを、
予感させるからなんですよね^^

だから優しくもなれるのですが・・・(笑)

↓記事気に入ってもらえたら、クリックお願いします.
人気blogランキング
12位ありがとうです!

久々の更新かも^^

by papas8559 | 2008-01-07 20:47