言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「身を低く」すると、いろんなことが見えてくる・・


~謙虚である、身を低くするということは、
 だいたいモラルとして語られることが多いのですが、
 ぼくは、それだけではないと思っています。
「身を低く」して世界を見ると、よく見えるのです。<中略>
「身を低く」して見る、というのと、 「上目遣い」とはちがうと思っています。
「上目遣い」は、顔を上げてない状態ですからね。
「身を低く」は、顔を上げる子どもの視線なのです。
 これは、ほんとうによく見えるんだと、ぼくは断言します~
                        糸井重里さん





この話と似たような話を山田ズーニーさんの本で
読んだ記憶がある。

それは、山田さんの知り合いに
路上ライブをやる青年がいる。

その彼に、山田さんが困った相談をすると、
彼は、視点の話をする、という。

路上に座りこんだ視線、
そこから顔を上げれば間違いない、というような話だった・・・。

この路上ライブの視点も、「身を低く」ですけど、
決して「上目遣い」ではないですよね^^


なぜか、そんな視点が大切だなぁ、と思っている今日この頃です^^
人気blogランキング 
ランキング7位。ありがとうです。

by papas8559 | 2007-03-19 23:59