言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「左利き」の男は生殖能力が高い?

d0018299_18392747.jpg
左利きの男は、右脳が発達している。
ここが女が「左利き」の男に惹かれるポイントなのだ・・・。





作家(学者)・竹内久美子さんによれば、
「右脳は、スポーツの際などに重要な空間認識の能力、
 音楽の才能、ジョークのような
 ぶっ飛んだ発想に関わっています」という。

たしかに、左利きかどうかは別にして、
テレビで、女性に人気のタレント(選手)をみれば、
右脳を発達させたヒトたちであることは、間違いない。

でも、なぜ右脳が大事なのか?

すると、そこには、生物としての
存在意義のようなもの隠されていたのだ。

右脳が発達していると、テストステロン・レベェルが高く、
これは他でもなく「生殖能力の高さ」を意味し、「子孫繁栄」につながる・・・。

つまり、女性は、無意識ではあるが、
「左利き」=「右脳が発達」=「子孫繁栄」の
遺伝子をゲットしよう、としていたのである。

なるほど!!  納得である^^

ただ、この話には、オチがあり、
そんな女性からもてる「左利きの男」は、
時代からは迫害され続け、現在も私たちに
なじみの深い言葉として残る。

それは、右を意味する英語の
「Right」は「正しい」という意味でも使われるが、
左を意味する「Left」は「取り残される」という
意味で使われるのだから^^

きっと、もてない右利きの男の嫉妬が、
こんな言葉を生んだのだろうな^^
あっ、自分のことは思いっきり棚に上げております(笑)

私も「左利き」に憧れるなぁ、憧れたなぁ、という方はぜひクリックを^^
人気blogランキング 
ランキング6位。ありがとうです。

追伸:ネタ本「愛と性のなぜ」(竹内久美子著:文春文庫刊)

by papas8559 | 2007-03-12 23:59