言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

人間って、実際は心の問題がすべてに近いと思うんですよ。


~時間をたくさん仕事に使うと
 いっぱい進んだ気になるんだけど、
 好きな本を読んでいる時間のほうが、本当は仕事のためになる。
 こいうことを言うと、他の会社の人は、
 「迷惑なことを言わないでほしいんだよね」って目でぼくを見る。~





糸井重里さんが雑誌「ダ・ヴィンチ」のインタビュー記事で言っている言葉だ。

糸井さんは、さらに、この記事のなかで、
~人間って、実際は心の問題がすべてに近いと思うんですよ。~という。

そして、心の問題に触れられるのは、文学とも・・・。


あっ、そういえば、昔、ある女流作家が言ってた。
「本を書くって行為は、銀座の交差点のど真ん中で、裸になることだ」って・・・・

文学って、そんな裸の心を読める数少ないものでもあるんですよね^^

↓記事気に入ってもらえたら、クリックお願いします.
人気blogランキング 
14位ありがとうです^^

追伸:本を読むことが大切という、糸井重里さんが主宰する「ほぼ日」の給与制度って、自己申告の年俸だそうだ。これって、自分で年俸を低すぎる設定にしても失敗したなぁと思うし、逆に高すぎても失敗したなぁ、と思う。つまり、上司ではなく、常に自分の心の鏡と対峙する・・・・。
こういうおもしろい会社、最近増えてきているんです。 いつかそういう会社の特集をここで紹介できたら、しますね^^

by papas8559 | 2006-11-09 23:59