言葉と本と季節の交差点。 テーマは恋愛・セックス・心模様・自然・科学・デザイン・漢字・詩・ときどき経済・歴史・ITなど。つまり何でもありです。 リンクはフリーです!


by papas8559
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

女は「いいヒト」とは恋愛できない・・・

d0018299_17343589.jpg
女って、自分の好きな人のことを
「いいひと」とは絶対言わない、
というようなことを 狗飼恭子さんは、本に書いていた。

その理由は「いい人」=「どうでもいい人」だからだ。

たしかに、「どうでもいい人」とは、
恋愛なんか できませんものね^^

↓まぁ、よかったなぁ、と思ったらクリックお願いします.
人気blogランキング 
18位。ありがとうです^

というわけで、お時間がある方は、下記もどうぞ。本日、書きたかったものです^^




Coyote(発行:スイッチ・パブリッシング)という
雑誌で、作家・池澤夏樹さんが特集されていた。

池澤さんは、50歳を間近にして東京から沖縄へ移り住み、
60歳を間近にして、今度は、
沖縄からパリへ移住し、2年が経つ・・・。

そんな池澤さんが東京とパリの違いを
とってもわかりやすく説明していて、共感したので、ここで紹介します。

それは、社会を運営する主役は誰なのか? ということ。
若い人なのか、もう少し年上の人なのか?

若い人であれば、当然、さまざまな実験ができるが、
あっという間に、全体の流れがひとつの方向へ流れる・・・。

逆に年上の人であれば、保守的である面、
古代から続いた景観を保ったり、いい面もあるが、
なにかの外力が働いたときに、
すぐに対応できないという面がある・・・。

日本はもちろん、前者の「若い人」である。

ホリエモン現象を思い出せばわかる。
あっという間に世の中の流れ変わりましたよね。
それは、勢いのあるときも、衰えるときも含めて・・・^^

追伸:ニュースをみるときに「その国の主役は誰か?」って視点をいれると、なんとなくわかることが出てきそう^^ ちなみに、ホリエモン現象については、私の勝手な付け加えです^^ あとなんで、若い人が主役になったか、というと、やっぱり、アメリカの影響なんですよね。本当は、いっぱい歴史のある国なんですものね、ジャパンって^^

by papas8559 | 2006-10-29 23:59